必修ガイドライン講座 part 1

必修ガイドライン講座 part 1

商品コード:20034

ガイドライン記載のテーマから過去問のポイントをピックアップ。1コマ10分前後のショートレクチャーでスピーディーに必修で出る内容の全体の“リンカク”をおさえられます!現役臨床医のDr.さとみなと一緒に、楽しく必修を学びましょう!

1,650 円(税込)

必修ガイドライン講座のポイント

近年国家試験では研修医が直面しそうな臨床的なポイントが重視されています。特に必修問題ではこの特色が強く、最低限の臨床的背景をおさえておくことが不可欠となります。

この講座では現役臨床医のDr.さとみなが、

  • 1)必修過去問から「救急外来で出会いそうな」問題とそのポイント
  • 2)受験生に知っておいてほしい差がつくポイント

を、必修ガイドライン中項目レベルのテーマのなかからピックアップ。

Dr.さとみな流の軽快なトークから繰り出される臨床エピソードや小ネタによって記憶に残ります!そして試験本番で記憶に蘇る!!

※本講座は必修に出るテーマ・疾患を必修ガイドライン小項目レベルで網羅的に扱ったものではなく、そのなかからDr.さとみな視点でスピードと効率を重視し重要なポイントをピックアップしたものです。このため、必修ガイドライン小項目レベルの網羅には『クエスチョン・バンクvol.7必修問題』や『レビューブック必修・禁忌』の併用をお勧めします。

Dr.さとみなより

必修の勉強は、既知の問題というゴミ袋の中から、「うわっ、これは知っといてよかった」って思うような『お宝』を探すようなものなんですよね。

というわけで、「これはみんな知らないんじゃない?」とか「知ってるかもしれないけどもう一回ちゃんと理解しといて欲しい!」と思う問題を主にピックアップし、最終的に選び抜かれた究極かつ珠玉のものたちを鎮座させてあります。

各章の1ページ目には各章の問題を解く際のテクニックやキモを上段に、重要度は落ちるけど実際に問題に出ていてみんな知らないかも!?というような知識を「シラナイカモ知識」として下段に載せました。そして、その他の知識はTIPSとして載せています。

こんな講座が僕の現役時代あったらよかったなあ、と自信をもっていえる講座をつくることができました。

講義リスト

初期救急
全身症候
神経
呼吸器
循環器
消化器
血液
腎・泌尿器・生殖器
内分泌・アレルギー・膠原病
皮膚・頭頸部
小児
周産期
精神科
診察時の体位
全身診察
頭頸部の診察
胸部の診察
腹部の診察
手指消毒・血圧測定
採血
ルート確保・CV挿入・動脈ライン
注射
気道確保・胃管挿入
腰椎・胸腔・腹腔・関節腔穿刺

注意事項

※ご友人等とのアカウント共有や、コンテンツの回し見、回し読みなどは、「利用規約」第6条・第7条で禁じられています。これらの行為が確認された場合、アカウントの停止・取り消しなどの措置をとらせていただく場合がありますので、予めご了承ください。